代表御挨拶

株式会社KIYORAきくち代表取締役社長大神志保子です。
かねてより多くの皆様にご愛顧いただいていることに、深くお礼申し上げます。

当社は私と、私の姉である代表取締役副社長の永田文子とで、いずれも50歳を過ぎてから起業いたしました。
はじめは実家の納屋を改装して平成20年6月に会社を設立、平成21年2月に製造販売の許可がおりて、同月にナノ水素水KIYORABIの製造販売を始めました。
水素水を初めて飲んだのは、平成18年の春でした。その時の感動と喜びを、一人でも多くの方にお伝えしたい一心で、すべて手さぐり状況から一つ一つ壁を乗り越えるようにして、今に至ります。

水素水は、清涼飲料水というカテゴリーでありながら、2007年からわずか6年間で医学論文や医学報告が300件を超え、すでにいくつもの大学で臨床試験が始まるという稀有な経過をたどっています。水素水は人類の歴史を変えるほどの可能性を秘めていると、私たちは考えます。

お客様に信頼していただける高いクオリティ水準を目指して、さらに、生活習慣の中で、気軽に水素を取り入れることができる新商品の開発とともに、常に最高の商品とサービスをお届けし続けることに挑戦していく所存です。
健康は良質な生活の基盤です。“一生を健康に、そして元気に過ごす”ことを提供できる会社であり続けたい――お客様と社員をはじめとする関係各位の皆様のQOLの向上を願って、より一層の努力をして参ります。引き続きのご支援、ご指導、よろしくお願い申し上げます